スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『Harmonium』Vanessa Carlton

ここのところ、テンションの上がる
ロックばかり聴いていたので、
きれいな風を運んできてくれる
このアルバムで日曜を過ごす。

『NIGHT FISHING』サカナクション

サカナクション
ビクターエンタテインメント
2008年1月発売のアルバム。
前作はアコースティック度が強かったけど、
こちらはエレクトリックさが増して。

一郎くんの詩は、知的で詩的。
物語を語るのではなく、ぽつりぽつりとつぶやくような。
でも、それがさらりとしていて、いい。
さらりとしているのに、胸にしっかり落ち着く。

夜の静かな道を、聴きながら歩きたくなる。

『GO TO THE FUTURE』サカナクション

サカナクション,Ichiro Yamaguchi
ビクターエンタテインメント
2007年発売のミニアルバム。
次のアルバムも含め、PVとして世に出ている曲は
ダンスナンバーというか、ビートの利いた曲ばかりだけど、
アルバム通して聴くと、ノスタルジックな曲もあって
意外にも幅広くて驚かされつつ、楽しめる。
くるりを思い起こすなぁ。。

「NORTHERN EDGE」TOUR'08

もしかして、今年のライブ納め?
北海道出身4バンドのライブイベント
NORTHERN EDGE@恵比寿LIQUID ROOM

1組目、シュリスペイロフ
・・・間に合わず。

2組目、monobright
爆音、エネルギー爆発。いい感じ。
演奏よりも、MCのほうが印象的かも。。
面白すぎて。
でも、巧いよ。
個人的に好きなドラミングで、
そして、ルックス・存在感も好きなタイプだったのもあり。
ほぼドラムばかりを見ていた。。

3組目、sleepy.ab
他のバンドとは雰囲気が違うのが
始まる前から、感じられて、
最初戸惑ったものの、すぐ引き込まれた。
メロディが美しく。歌巧し。
声がよすぎる。気持ちよすぎる。
サカナクションに次いで、ライブに出掛けていきたくなった。

4組目、サカナクション
やっと!やっと観れた!
最高だった☆
光、波、音、力・・・。
揺れる、弾ける、響く。
バンド名も知らずに、たまたま耳にした曲を
たどって、いつのまにか
2008年一番聴いたバンドになった。
3月の赤坂BLITZのチケットも手に入れたことだし。

一郎くんが「北海道の心象風景を・・・」
という話をして、
「sleepy.abの曲を聴くと北海道を思い出す」
なんてことも言っていて、
だから、好きになったのかも、と納得した。
だから、ってその「だから」をうまく説明はできないのだけど。
北海道に思い入れがあるわけでもないのだけど。

『恋愛依存症』

評価:
ジョーイ・ローレン・アダムス
ポニーキャニオン
仕事はバリバリこなすけれど、
人間関係、恋愛には不器用なルーシーが
ある男性との出会いや
ルーシー同様不器用な父親にぶつかることで
自分から一歩踏み出していく姿を描いた作品。

主演のアシュレイ・ジャッドが素敵。
強さと繊細さを併せもった女性を好演してます。

自分の不器用さを父や祖父母のせいにして、
父が通う教会の神父に
「父の罪を子が背負うなんて不公平だ。」
と、訴えるシーン。
神父は、
「病んだ木の実から生れた木が病んでいた。
それは不公平だと言えますか?」
と。
(正確なセリフとは異なりますが。。)

どんな環境、境遇だろうと
人のせいにするのは簡単だけど、
自分がどうしたいか、どうなりたいか、
自分が動くこと、意図すること、
が大切だと、
そんなことを気付かされる。

『ミスター・ロンリー』

評価:
---
ギャガ・コミュニケーションズ
Amazonおすすめ度:
映像が素晴らしく美しい。
空の色、森の中、朝もや。。
そして、解説なんて無意味だと放棄したくなるような
切ない余韻。
人生や、運命について様々な示唆があり
味わい深い。名作。

『リトル・ミス・サンシャイン』

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
Amazonおすすめ度:
   

『グッバイ、レーニン!』

評価:
ヴォルフガング・ベッカー
カルチュア・パブリッシャーズ
Amazonおすすめ度:
東西ドイツ統一前の、東ドイツに住むアレックス。
彼が幼い頃、父は一人西ドイツへ亡命し、
そのショックから母は自国のために生きる活動家として
社会主義活動に傾倒していく。
ある日、母は心臓発作で倒れてしまい、
8ヶ月間意識不明となる。
その8ヶ月の間にベルリンの壁が崩壊し、東西ドイツは
統一された。
母の意識が戻っても、ショックを与えてまた倒れないようにと、
アレックスは統一前の、変わらぬ東ドイツであるような
嘘をつき続ける。


周りの人間も巻き込んでの嘘に
姉や恋人たちから、嫌がられても
一人必死に嘘を貫き通すアレックスが
いじらしい。
その嘘が、母への気遣いを超えて、
自分の理想の実現へと、形を変えていくのが良かった。

また、
ベルリンの壁崩壊から、物凄い勢いで
変化が流れ込んできて、
それに乗れる者、遅れる者、
様々な姿も描かれていて、考えさせられる。

いち家族のドラマでもあり、
社会派ドラマでもある、深い作品。

『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』

昨年公開されたティム・バートン×ジョニー・デップ最新作。
ミュージカル作品です。
ジョニー・デップの歌が良かった!
R-15指定、流血シーン多し。
常に薄暗いグレーな映像に赤い血がよく映える。。

美しい妻を持つ理髪師ベンジャミン・バーカーは
その妻を横取りしようとした判事によって無実の罪で投獄される。
やっと脱獄して妻と暮らした家に戻ると、
大家ラベットと再会し、家族のその後を知らされる。
妻は毒をあおり、娘は判事の下で養女となっていた。
元の場所でスウィーニー・トッドと名を変え理髪師として仕事を再開。
判事への復讐を誓い、彼へ近づこうとする。


スウィーニー・トッドに協力しながらも
実は想いを寄せるラベット夫人の
夢のシーンだけが、きれいな色。
ブルーの空。ブルーの海。緑そよぐ草原。
薄暗いシーンばかりの中に、きれいな夢のシーンが
逆に悲しくさせられる。

復讐しか頭にないトッド、
彼との将来を夢見るけど、報われないラベット。
ラベット夫人を慕うトピーや
トッドの娘ジョアナ、彼女に恋するアンソニーや。
それぞれも思惑が、すべて一方通行なのが切なかった。




『ブレイブ』

評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
Amazonおすすめ度:
アメリカン・インディアンの血を引く青年が
貧しい暮らしの中、家族にお金を残すために
人を殺す様子を撮影するフィルムへの出演、
という仕事を請ける。
撮影の日までの一週間、
死、生、家族への想い、別れ、など
様々な思いを巡らす様子を綴った作品。
ジョニー・デップ主演・監督。

まるで記録映画のように、
余計な説明をいっさい省いてストーリーが進む。
淡々と。
それが、最期へ向けて、胸に迫る。

仕事を請け負うのと時を同じくして、
彼の住む集落が、立ち退きを迫られる。

アメリカン・インディアンの血を引くという
境遇を映画で伝える、
のも、意図されているのだろう。

死を意識した時に浮かび上がるのは、
かけがえのないもの。家族。

ラストシーンが、胸を打つ。。
言葉にできない、けど、何かが、残る。
シリアスで深みのある作品。

| 1/18PAGES | >>