スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『羊と兵隊』

7/22 本多劇場にて「羊と兵隊」観劇。

中でも「先生」役の女優さんが素晴らしかった。
あと、田畑智子さんも素敵だった。

戦争にまつわる
親子、
兄弟姉妹、
個人の意志、
恋愛、
・・・等など。
死が目前にあるからこそ
自分の命、自分の生き方、
他者の命、他者の生き方、
それらを意識したりコントロールしたり諦めたり。
死があるから、生が際立つ。


ロビーで片桐はいりさんをおみかけし。
意外に、身長が高くはなかったような。。
ご一緒にいた方も女優さん。お名前が思い出せない・・・。

『まどろみ』



湘南台文化センターでの千秋楽、観てきた。

・・・このブログを書いているのが、2週間後なので
詳細の記憶が薄れている。。

設定が詳しく語られず、
どういうことだったんだ??というシーンが多い。
なのに、決してわからないのではなく、
何だかわかる。。言いたい事描きたい事はよくわかる。
零児の二面性、しかもその二面性を
他者には知られないようにとふるまうその思い。
一緒に暮らす恋人とつみは、
そんな彼の本当の姿に気付いていったのだろう、
けれど、気付いていないふりをしながら、
彼を思って怖々見守っているよう。
気付かないこと。決めないこと。ごまかすこと。
その瞬間を何事もなく済ますために、
先送りにしていく、真実。
けれど、そんなつもり積もったものがはじける時がくる。。

大事なシーン、大事な出来事が言葉では語られず
起こったことだけを見せられる。
だからこそ、深く響く。
言葉ではないからこそ、響くものがある。

素晴らしいお芝居だった。

2006年の舞台鑑賞記録

昨年、2006年は舞台鑑賞に励んだ一年でした。
舞台を観に行きだしたのが、2005年からでした。

4/5  『ライフ・イン・ザ・シアター』
   @THEATRE1010
   出演:市村正親 藤原竜也
4/25 『タイタス・アンドロニカス』
   @彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
   出演:吉田鋼太郎 麻実れい 小栗旬 真中瞳
5/11 『MYTH』
   @青山円形劇場
   出演:佐藤アツヒロ 篠井英介 陰山泰 中山祐一朗
6/6  『メタル マクベス』
   @青山劇場
   出演:内野聖陽 松たか子 森山未來 北村有起哉 橋本じゅん
6/7  『ウィー・トーマス』
   @東京グローブ座
   出演:高岡蒼甫 岡本綾
7/11 『あわれ彼女は娼婦』
   @シアターコクーン
   出演:三上博史 深津絵里 谷原章介
7/14 『開放弦』
   @パルコ劇場
   出演:大倉孝二 水野美紀 京野ことみ 丸山智己
10/3 『書く女』
   @世田谷パブリックシアター
   出演:寺島しのぶ 筒井道隆
11/3 『イヌの日』
   @本多劇場
   出演:中山祐一朗 伊達暁 長塚圭史 美保純 八嶋智人
12/12 『ロープ』
   @シアターコクーン
   出演:藤原竜也 宮沢りえ

衝撃的だったのは『イヌの日』ですね。
阿佐ヶ谷スパイダース、大好きです♪
あのダークさがいい。
そして、どうもニナガワさんの悲劇系がニガテだということがわかりました。。

ちなみに、いつもチケットぴあの先行販売のお世話になってます。
当日劇場で感想書いて、住所等も書いておくと、
劇場等からも先行販売のお知らせハガキが来るのでそちらを活用ひらめき

2007年もお芝居たくさん観にいきたいと思いますぴかぴか

| 1/1PAGES |