<< 『X&Y』Coldplay | main | 『コンスタンティン』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『自虐の詩』

『嫌われ松子の一生』に続き
“不幸”な女性を演じた中谷美紀、ハマリ役。
ちゃぶ台をひっくり返すシーンが続いたりで
コメディ要素が強いのかと思ったら
いやいや、泣けます。。
意外にも暖かい映画。
時系列にそってエピソードを描くのではなく、
回想シーンとして、徐々にバックグランドを明かしていく
という描き方が、巧い。
いい映画でした。。

スポンサーサイト

| - | 01:01 | - | - |

Comment

Submit Comment