<< 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』 | main | 『オール・アバウト・マイ・マザー』 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

『カポーティ』

評価:
フィリップ・シーモア・ホフマン,ジェラルド・クラーク,ベネット・ミラー,キャサリン・キーナー,クリフトン・コリンズJr,クリス・クーパー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 3,440
(2007-03-16)
Amazonおすすめ度:
作家カポーティの物語。
カポーティ役のフィリップ・シーモア・ホフマンは
第78回アカデミー賞主演男優賞を受賞。

カポーティはある事件の犯人の生い立ちから
事件の真相、犯人の刑の執行までを
ひとつの作品として小説にすることを思い立ち。

犯人の刑の執行がされなければ、作品は完成しない。

取材し犯人と何度も会ううちに、情も移っていき。

作家としての自分と、犯人との友情にも似た関係を持った自分との
葛藤。
揺れ動く様を熱演してます。

色彩も抑えられていて、重た〜い雰囲気。
面白いです。オススメです。

スポンサーサイト

| - | 00:22 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

トラックバック機能は終了しました。

Trackback